ここぞという時のために

 

受験、定期試験、インターハイ等、ここぞというときに集中できる身体を。

受験や大事な試合は、お子さんにとって自分の力で人生を切り開く、大きな転機です。この「ここぞというとき」に、力を発揮できるように身体の状態やモチベーションを整えておくことが重要です。身体に良い食事(栄養)、休息(睡眠)を充分にとり身体を休ませる等、事前に出来る対策はしておいた方がいいでしょう。

集中するという行為は、頭にとってはマラソンやサッカーのような体力を非常に消耗する行為です。一種の運動ですので、風邪を引いた状態ではスポーツで成績を残しにくいように、集中できる状態に身体がなっていないと、勉強の効率が下がります。病気など健康対策と同じ様に、ここぞというときに集中できる身体に、お子さんの身体を整えてあげることで、お子さんの持つ力を十分に発揮しやすい状態にします。

 

クラニアルで集中力を向上させる。

クラニアルは、頭蓋骨の歪みを取り除く整体です。お子様の食生活にも気を使ってらっしゃるお母さんは、栄養と脳の関係もご存知かもしれません。脳は筋肉以上に沢山のエネルギーを必要とする器官で、栄養が十分補給されないと機能が低下します。ひどい場合は脳障害にもつながりますが、普通に食事をしていればそこまで深刻な状態になることは無いでしょう。それでも、ブドウ糖、アミノ酸、脂質といった脳に必要な栄養が偏っていると、頭の回転や集中力の低下、イライラといった状態に陥ります。食事をとると眠くなるということもありますが、しっかりと毎日のご飯を食べることも受験対策の一つです。

脳には、栄養が必要なことはお話しましたが、口から摂取した栄養は、胃で解け、腸に吸収され、内蔵で毒になるものを取り除き必要な栄養に変えられた後、血液によって脳へと送られます。そして脳に溜まった、いらないものを血液に溶かして排出します。せっかく摂った栄養も、血液の巡りが滞っていると、十分に脳に行き渡らず、不要な物質が残ったままになり、文字通り頭の重い疲労した状態になります。そうなると、身体はなんとかしようと頭に血を集中させ、血液の巡りが悪いまま頭に血液が集まることで常に頭が重く、集中できない状態になってしまいます。血液の滞りを良くすることで、こうした状態を改善していけます。

頚椎の歪みからくるムチ打ち症が放置していても完全に良くなることがあまり無いように、人間の身体は過度な身体の歪みを矯正する力は限られています。歪んだ部分の流れが滞り、毒素が溜まって機能は低下します。ですが、(頭の)歪みさえ取ってしまえば、滞っていた流れが改善され、時に施術している我々でも驚くような回復力を見せることもあります。

受験を前にして受験勉強という強いストレスにさらされているお子さんは、ついつい偏った姿勢や不規則な生活、不安などから歪みを身体に作ってしまいがちです。そうした歪み、特に脳に関わる頭蓋骨の歪みをクラニアルで取り除くことで、毒素が一気に取り除かれ悪い状態も一気に改善されます。これまで長時間集中できなかったお子さんも、長時間机に向かうことが苦でなくなり、学習効率が上昇します。

当院の整体でここぞというときに、集中力を発揮できる状態にお子さんの身体を回復、改善させませんか。

 

 

また、内蔵の歪みも取り除き身体機能を向上させることで、身体の調子を崩しにくい身体へと体質も改善できます。受験前に病気になったらどうしようというご不安もありましたら、そちらもお力になれますので、可能ならば内臓の整体も同時に行いましょう。

お子さんの人生の節目に後悔を残さない事が大切です。

ページトップへ戻る