心と臓器の関係

感情は脳だけに宿るわけではない?

 

東洋医学において感情は臓器に宿ると考えられています。現代の感覚からすると大変違和感があるかもしれませんが、脳は情報の交換器であると考えるといいかもしれません。例えば、指を切って痛いと感じるのは脳ですが、痛いという原因は指や指の神経にあります。胃腸が弱っているときは、美味しいご飯もいつものような美味しさが感じられないでしょう。もし胃腸がずっと弱ったままなら味の好みも変わってしまいます。同じものを食べても全く違う感情が引き起こされるのです。このとき脳の方に何か変化があったわけではありません、変化があったのは胃腸という内臓です。東洋医学では脳に宿る感情はないとされていますが、感情は何もないところから生まれるものではなく、身体と感情は一体であるという考えからなのでしょう。

 

肝臓は怒りを、脾臓+膵臓は悩みを、肺は憂いにつながる。

 

人は歳を取ると怒りっぽくなるという傾向があるといいますが、その原因の一つには年齢を重ねると肝臓が弱ってくるということがあります。肝臓が弱ってしまっために短気になってしまい、些細な事で怒ってしまうというケースがあり、何であんなに怒ってしまったのか自分でもよく分からず、歳を取ったからと無理やり納得してしまうという方が結構いらっしゃいます。こうした怒りはこれまで積み重ねてきた肝臓の疲労によって、肝臓が正しい位置から大きく歪み、血液が滞り、肝臓が疲労状態になります。肝臓が正常に機能しなければ、肝臓経由で生成されるホルモン等の大切な複数の精神に作用する物質も正常に作る事はできません。内臓の整体によって、肝臓の位置を(生理的に正しい位置に)戻して流れを正常にすることで、毒素が排出され、正常な状態へと肝臓が回復します。すると、怒りっぽかった精神も安定し、なんであんなに怒っていたのか自分でも不思議なほど落ち着いた状態を取り戻せます。

 

脾臓(すいぞう)と膵臓(ひぞう)が弱ると悩みにつながっています。膵臓と脾臓が弱っていると、些細な事で悩んだり、訳もない不安感やイライラとした落ち着かない気持ちを感じるようになります。そうして悩むことでストレスを感じ、さらに膵臓と脾臓に負担がかかるという悪循環に陥って、気が付くとため息をついているという方は、現代社会では少なくないと思います。インシュリンというホルモンは脳の作用にも大変大きな影響を与えています。膵臓の疲労は、感情とあながち無縁ではないのです。脾臓の疲労は、脳に細菌やウイルスの侵入を許す(発熱等)、すなわち感情の変化を引き起こす原因となりうるわけです。自分のせいだと思い悩まず、当院にご相談いただければ、心の悩みも整体で改善させていただきます。

 

肺は憂いを司ります。うつ病など現代でも社会問題とされていますが、その要員として肺が弱っているというということがあります。気持ちが沈んでいる時に呼吸は非常に浅くなります。気持ちが沈んでいる時、背中は自然と丸くなっていませんか?呼吸は酸素を取り入れる重要な行動ですので、肺が弱ることで、全身の循環も弱ってしまい、心を支える活力が足りなくなってしまいます。すなわち脳への酸素供給量も減ってしまい、正常な心の判断ができなくなってしまうのです。

 

感情を司る内臓の機能低下の多くは、血液が上手く循環せず、毒素が溜まってしまっている状態にある(内蔵が重くなる)ことに原因があります。当院の整体で内臓の位置を調整し、血液の流れを良くすることで毒素が排出され、ゆがみが改善し、健康な身体を取り戻すと共に、健康な心(元気な気持ち!!)も取り戻すことができるのです。

ページトップへ戻る