集中力を高める(勉強の成績を上げたいなら。)

 

頭蓋骨の歪みを改善し集中力を高める。

はぴねす鍼灸整骨院ではクラニアル(頭の骨の矯正)によってお子さんの集中力を高める整体を行っております。机に向かっても長い時間集中できない、勉強を過剰に嫌がるといったお子さんには、もしかすると身体のゆがみによって、集中しにくい状態になっているのかもしれません。

 

心と身体はつながっている。

お腹が痛いときに食べる料理はあまり美味しいと感じないと思います。大好きなアーティストの曲も激しい頭痛に悩まされているときはうるさいだけと感じるかもしれません。一流のアスリートはモチベーションを非常に重視していることはよく知られています。身体の状態と心の状態は密接につながっており、心の状態が崩れた時に身体に影響がでるように、身体に改善(ゆがみ)するべきところがあれば心の状態にも影響があらわれます。

集中するという精神的なように見えることも、身体の、特に脳を覆う頭蓋骨の歪みによって乱されるケースは珍しくないのです。

 

脳も身体の一部

集中するということは脳の血流の影響が大きいです。脳は重要で特別な器官のため、特別視されていますが、人間の身体の一部であることに違いはありません。血の巡りが悪くなると肩こりがひき起こされるように、あるいは血が溜まると内蔵の機能が低下するように、脳も血流が悪くなるとその機能を低下させてしまいます。流れが滞ることで悪くなるのはどこも一緒です。

当院のクラニアルや背骨の矯正(背伸び~る整体)によって、背骨から頚椎を通り脳につながる自律神経、血管への(歪みによる)圧迫を取り除き、頭蓋骨を正しい状態にしてスムーズに脳内の循環が行われるようにすることで、脳内の不要な物質が取り除かれ、必要な栄養が行き渡ります。常に十分な休息をとった直後のようなスッキリした頭の状態を長時間持続することができるようになり、高い集中力をずっと長い時間保つことができるようになります。

 

自分を責めないことが大切

 

自分自身、あるいはお子さんに集中力が無いと感じても、あなたやお子さんの能力、努力不足だと自分自身、お子さんの人格を責めないようにしましょう。反省はいいですが責めることは脳に余分なストレスがかかります。ストレスが身体に悪影響を与えることはテレビなどでも良く言われていますが、同じ様に脳の流れを滞らせる原因にもなります。肩こりになっている自分を責めることはしないように、まずは身体にストレスを溜めないことが大切です。

特に思春期のお子さんは、身体の急激な変化に心の成長が合っていないことがよくあります。特に子供は身体の変化(歪み)の影響を受けやすく、アンバランスな状態になってしまいがちです。ですので、(お母さん、お子さんの)何が悪かったのかと悩まず、こうなるのが普通で、じゃあ身体の何を改善していけば良いのかと考える方が、あなたにとってもお子さんにとっても良い結果となるでしょう。

もしあなたが今、勉強の集中力のことでお悩みでしたら当院に一度、ご相談ください。解決のお力添えをさせていただきます。

ページトップへ戻る